鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

「たまには贅沢、二人の時間は大切」夫婦の旅行ランキング

      2019/10/02

「たまには贅沢、二人の時間は大切」夫婦の旅行ランキング

夫婦の日常はただ忙しく過ぎるばかりです。そんな日常から抜け出せる旅行は夫婦の時間を取り戻すのにもってこいです。

今回は、夫婦の旅行のランキングについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


夫婦の旅行は目的次第で

<映画が好きなご夫婦に/山形県鶴岡市>
「映画の街」として知られる山形県庄内地方の鶴岡市。「庄内映画村」の広大なオープンセットや映画資料館、そして工場跡地を活かしたおしゃれな映画館「鶴岡まちなかキネマ」など映画関連の魅力的な施設が揃っています。昔ながらの農村風景と相まって日本映画独特の叙情性が感じられる旅行になるでしょう。

<文学が好きなご夫婦に/神奈川県鎌倉市>
「鎌倉文士」という言葉がある通り、鎌倉は文学者の街、いわばコロニーでした。そのため今もなお、文学にゆかりの場所が多く残されています。俳句集「ホトトギス」を主宰していた高浜虚子やその弟子の吉屋信子、久米正雄などの記念館、高橋和巳の旧邸なども公開されています。たまには夫婦で文学について語るのもおすすめ。相手への理解が深まる旅行になります。

<和菓子が大好きというご夫婦に/島根県松江市>
和菓子の消費量の多い松江は、京都や金沢と並び、お店の密度もクオリティも随一。ちょっとした飲食スペースが設けられているお店も多く、1つからでも購入できるので食べ歩きも楽しめます。季節の移り変わりを目と舌で堪能して。やはりこれも日本トップクラスの消費量といわれる抹茶とともに味わえば、夫婦揃ってほっこりと癒されます。

引用元-夫婦におすすめ!食や趣味を満喫する夫婦旅行 【るるぶトラベル】の宿泊予約

夫婦の旅行で泊まりたい宿ランキング|京都俵屋旅館

創業300余年のこの旅館は京都で最も古い旅館の一つです。

江戸時代から明治にかけ、公家や大名の常宿とされていました。常に高いサービスを好まれる顧客と接しながら 続いてきた300年間には京の宿の歴史が詰まっています。

Apple創設者故スティーブ・ショブズ自伝 下巻でも、スティーブ・ジョブ図のお気に入りの旅館として紹介されています。

引用元-俵屋

「清潔な施設」「おいしい料理」「快適な睡眠」を「よい宿」の条件にあげるこの旅館では 徹底した掃除、吟味された食材、天然素材を使った特注の寝具などでお客様に最高の満足を提供されています。 それを支えるスタッフは皆さん一流です。

引用元-俵屋

夫婦の旅行で泊まりたい宿ランキング|強羅花壇

昭和5年、本邸を東京の永田町に(現・衆参議長公邸)置いておられた閑院宮載仁親王が夏の避暑用に岩崎康弥氏所有の土地を譲り受け、箱根の強羅の地に別邸を建設。

戦後、当主を引き継いだ春仁親王は皇籍を離脱し、この強羅の土地を強羅花壇創業者の手に委ねられました。平成元年には全面改装を経て、現在の「強羅花壇」が誕生しました。

平成3年には世界的に有名なホテルレストラングループ「ルレ・エ・シャトー」の厳選な審査を受け、加盟店となり海外からの賓客からも高い評価を得ています

引用元-強羅花壇

広大な敷地に、美術館のような建物。天井も高く、長い(寒い…)廊下など
さすが箱根の高級旅館という印象でした。
贅沢な材がこれでもかと使われていて、さすがバブルってすごいなと。
今では絶対に作ることはできない建築です。建築好きな人には、これらを見るだけでも泊まる価値があると思います。

これだけの建物を維持するのは本当に大変だろうなと感じましたが、少しずつ改修をしているようですし、お掃除は行き届いているので、快適に過ごせました。

室内のしつらえや、館内のあちこちに飾られたお花や、シンプルな掛け軸など、女将のセンスを随所に感じられました。女性に人気の理由もうなずけます。

引用元-建築は一見の価値あり – 強羅花壇の口コミ ? トリップアドバイザー

夫婦の旅行先のおすすめは?

北海道/藻岩山展望台&スーパープラネタリウム

引用元-カップルの親密度アップ!”ムード満点”なおすすめ国内旅行先10選 | Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

北海道三大夜景の一つ、札幌の南区に位置する「藻岩山」の夜景は、とにかくスケールが大きい!ロープウェイに乗ってぐんぐん山頂へ昇っていくと、周囲に視界を遮るものは何もなく、360度の大パノラマが広がっています。

ちなみに、藻岩山の展望台は2012年に「恋人の聖地サテライト」に認定されており、近くには「幸せの鐘」もあるので夜景を見ながらカップルで鳴らしてみてください。

引用元-カップルの親密度アップ!”ムード満点”なおすすめ国内旅行先10選 | Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

藻岩山の山頂展望台の見所は、美しい夜景だけではありません。スーパープラネタリウム「スターホール」にもぜひ立ち寄ってみて♪

これはプラネタリウム・クリエーター、大平貴之氏の個人開発によって生みだされた”次世代型プラネタリウムシステム”。なんと500万個もの星が投影できるらしく、圧倒的な輝きを前に2人のカップルのロマンチックムードも高まります♡

引用元-カップルの親密度アップ!”ムード満点”なおすすめ国内旅行先10選 | Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

夫婦の旅行先のおすすめ|長野県/日本一の星空の村

長野県の西南に位置する「阿智村」は、山間のとても静かな村。
環境省が実施する全国星空継続観測で、”星が最も輝いて見える場所”の第一位に認定されてから、「日本一の星空が輝く里」として有名になりました。

引用元-カップルの親密度アップ!”ムード満点”なおすすめ国内旅行先10選 | Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

2012年からは、毎年期間限定で「日本一の星空ナイトツアー」を行っており、日本全国から観光客が訪れます。

それはどんな内容かと言うと、まずはゴンドラに乗って標高1400mの「天空の楽園」へ。そして街の光が届かない山頂では、満天の星空の下、ガイドによる天体解説やナイトフォレストトレッキング、スターライトミュージックなど、日替わりプログラムを楽しむことができます。

引用元-カップルの親密度アップ!”ムード満点”なおすすめ国内旅行先10選 | Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

夫婦の旅行がランキングトップ|2015年夏の旅行先

アンケートで夏休み旅行の同行者を尋ねたところ、「夫婦二人での旅行」が全体で23.7%ともっとも高く、特に子どもに手がかからなくなった50歳以上の男女で高い傾向。また、「子連れ家族旅行」が全体で21.8%と次いで高く、特にファミリー世代の30・40代の男女に多い傾向。

引用元-『じゃらん』2015年夏休み 国内旅行動向 | リクルートライフスタイル

カップル・夫婦は昨年に引き続き北海道の「札幌」が1位。また2位にランクインした福岡県の「福岡市」は、男性グループ、女性グループでも人気旅行先のトップ3にランクイン。音楽イベントや音楽フェスの開催、また大型商業施設の増床・リニューアルも相次ぎ、支持を集めている。
カップル・夫婦の4位には昨年8位の大阪府の「大阪駅・梅田駅・福島・淀屋橋・本町」がランクインし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気の高さがうかがえる。

引用元-『じゃらん』2015年夏休み 国内旅行動向 | リクルートライフスタイル

まとめ

老舗旅館に泊まるのも一考かと。また、星空を眺めるなんてとてもロマンチックで、童心に帰ることができますよ。日常を忘れる事も非常に大切かと思います。

 

twitterの反応


https://twitter.com/ank_G_3818/status/595083318506295297

 - 旅 旅行

ページ
上部へ