鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

50歳代の独身世帯、必要な老後資金は貯金できてる?

      2019/10/02

50歳代の独身世帯、必要な老後資金は貯金できてる?

年金支給時期が先送りされたり、支給額の変動もかんがえられる世の中ですが、50歳代の独身者の方はどんな準備をされていますか?50代の10年間は老後資金を貯金しておく最後のチャンスです。そこで今回は独身の50歳代の人の必要な老後資金と上手な貯め方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

スポンサーリンク


多くの50歳独身者が老後に必要な資金を準備できていない現実

「資産ゼロ世帯」(退職後の生活資金として現在準備できている資金が“ゼロ”)は、全体の40.3%に達している。また、現在の準備額が必要額(おおむね3,000万円)を上回っているのは、50歳代男性シングルズで12.1%、50歳代女性シングルズで5.3%にとどまる。このように大多数の人が現時点で必要額に届いていないという実態が、今回の深堀アンケート調査結果の最重要ポイントといえる。

さらに「(退職後の生活資金が今後も)準備できない」と思う人の比率は、50歳代シングルズの男女ともに7割を超えた。また、女性シングルズでは、20歳代の人でもその7割が「準備できない」と考えており、男性以上にシングルズの悲観度が強くなっていることが伺える。

引用元-fund.nsjournal.jp » 浮かび上がる「50代シングルズ」の実像 フィデリティ投信「サラリーマン1万人アンケート」から分析

退職前後の生活費水準の変化について尋ねたところ、女性シングルズの約3割が「わからない」と回答。年代別では、30歳代(31.8%)と40歳代(30.5%)でその傾向が強く見られたが、この年代で退職後の生活が全く思い描けていないとすれば、いささか憂慮すべき事態。

引用元-fund.nsjournal.jp » 浮かび上がる「50代シングルズ」の実像 フィデリティ投信「サラリーマン1万人アンケート」から分析

実際に60歳以上でかかる費用はどれくらい?

総務省の家計調査によると、60歳以上の女性単身世帯の平均消費支出は月15万円程度。年金がもらえない60~64歳分の約900万円は自分で用意する必要がある。加えて年金受給が始まっても65歳以上の単身無職世帯では月2万8000円程度不足するため、65~87歳に約740万円が必要で、これに入院などの予備費300万円を入れると2000万円程度になる。

引用元-おひとりさま女性、「自分年金」2600万円への道 :日本経済新聞

ただこれはあくまでも平均値を使った試算。例えば家計調査で住居費は月1万5千円程度と低く「賃貸住宅に住む場合は余分に準備しなければならない」

引用元-おひとりさま女性、「自分年金」2600万円への道 :日本経済新聞

【「老後の支出」-「老後の収入(年金)」=「老後に必要な資金」】

(注)老後を25年として、月当たりの支出を20万円と設定した場合、ト-タルで6,000万円が必要。厚生年金14万円を受給できると仮定すると老後の収入は25年間で4,200万円。そのため、老後の支出を月額20万円とした場合、必要な貯蓄額は6,000万円から4,200万円引いた1,800万円となる

貯蓄について漠然とした不安を持っている人は、まずこの計算をして、必要額を明確にし、しっかり対策をしていきましょう。

引用元-「おひとりさま」の老後に必要な貯蓄は1,800万円! 30代独身女性がぶつかる“3つの壁”とは?|ウートピ

50歳台の平均貯金額と50歳代独身者の平均貯金額は?

国税庁「民間給与実態統計調査」によると、平成24年の50代前半の男性(50歳~54歳)返金年収は634万円。
50代後半の男性(55歳~59歳)は618万円だそうです。

引用元-50代独身男性の平均貯金額 – 50代独身男性に必要な貯金額

では、50代独身男性の平均貯金額って、どのくらいでしょうか。

ハローワークの調査では766万9千円だそうです。
あくまでも平均値なのですが、このまま定年を迎えるには更に貯蓄が必要になりますね。

引用元-50代独身男性の平均貯金額 – 50代独身男性に必要な貯金額

50代の独身女性の平均貯金額は約700万円です。50代の全世帯平均は約1000万円ですので、単身ですので比較すると若干貯金額は下がります。しかし、50代の独身女性は、間近に迫った老後に備えて、貯金の意識は非常に高いです。

引用元-50代独身女性の平均貯金額と理想の貯金額 – 独身女性の不安解決サイト | ピントル

「独身だから自由に使える」はダメ!老後資金の確実な貯め方

実際に貯金増えてきた時に、次のステップアップが各銀行がラインナップとして揃えている「スーパー定期」です。貯まった資金をさらに増やしていくために、少しでも有利な金利がつくものに変えていくということです。

貯まった資金から順次高い金利の定期預金に移していき、再び自動積立式貯金によって新たな資金を貯金していく。せっかく貯めた資金は、安全でありながら少しでも金利の高いものに対応させましょう。現在では一般のメガバンクや地銀にくらべ、ネット銀行の需要が上がっています。

入出金履歴や振込等の作業がネット上で完結し、非常に便利に利用することが可能です。直近(2013年12月)では定期預金金利が0.3%という金利を提示している金融機関もあります。まずは現在の貯金や預金口座の中ですぐに使う予定のない資金はこうして定期に移す。さらに、あらたに自動積立式貯金で貯蓄をしていき、定期預金も増やしていくという手段がおすすめです。

引用元-生涯独身女性の老後資金を賢く貯蓄する方法 – 独身女性の不安解決サイト | ピントル

どうしても買いたいものがあれば買ってしまう、旅行にも気軽に行けてしまう。独身女性がこれを歯止めなく行っていれば、当然ながら老後資金など貯まりません。だからこそおすすめなのが「自動積立式貯金」なのです。

毎月一定の額が自動的に定期預金に移されていくシステムなので、給料日ごとに新たに貯金額が増えていくことになります。銀行などで取り扱っているので調べてみると良いでしょう。

引用元-生涯独身女性の老後資金を賢く貯蓄する方法 – 独身女性の不安解決サイト | ピントル

50歳から始めらる老後資金の作り方

老後資金計画を立ててみて、もう少し資産が欲しいと思った場合、準備として運用はしておきたいけれど、結果として資産を減らしてしまうのは嫌ですよね。
そういう方にオススメできるのが国債です。 国債は国の借金、つまり国にお金を貸すこと。
日本国債と個人向け国債、2種類の国債に分けられます。 老後の資産を運用する場合は、元本割れをしない個人向け国債が向いているでしょう。

引用元-今から始める老後資金計画!

老後のための貯蓄をするなら、個人年金保険や積立投信、そして2014年から始まったNISAがおすすめです。公的年金については、いったい自分がいくらもらえるのか、年金問題もあるなかでそもそも自分はもらえるのか、といった不安が拭えません。そこで、まずは公的年金を当てにするのではなく、私的年金でこれを補うために今から準備するのはいかがでしょう。個人年金保険は、例えば、月5,000円の保険料を定年となる65歳まで払い続け、その後年金として受け取るというものです。毎月一定の金額をコツコツと積み立てていくので、ムリをすることなく老後に向けて資金を貯めていくことが可能です。また、一般の生命保険料控除とは別に個人年金保険料控除もありますので、所得税や住民税の負担も軽減されます。

次に、積立投信です。これは自分自身で選択した投資信託に毎月一定の金額を自動的に積み立てていくものです。毎月5,000円から始めることが可能ですので、ムリなく投資していくことができ、まさに老後へ向けた資金作りにピッタリの商品となります。

引用元-老後の生活資金を計画的に、しっかり貯める方法:常陽銀行

まとめ

もちろん、勤務年数や勤務形態などにより、支払われる年金額にも大きな違いができてきます。ファイナンシャルプランナーなどプロに相談して、具体的な必要額や増やし方などを把握することが第1歩になりそうですね

twitterの反応


https://twitter.com/kusobusugesu/status/560822301961105408
https://twitter.com/kishimenn815/status/430358558073290752

 - 人生 職業

ページ
上部へ