鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

「個人差はあるが、伸びしろが大」4歳の言葉の発達度

      2017/09/12

「個人差はあるが、伸びしろが大」4歳の言葉の発達度

4歳の頃の子供は、言葉の言い間違えや正しく発音できない子どもが多い時期です。しかし、発達の伸びしろは大きい時期といえそうです。ですから、正しい発音の仕方を教え、正しい言葉の使い方が出来るように導いてあげましょう。

今回は、4歳児の言葉の発達についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


4歳の頃の言葉の発達

自分の経験したことや思ったことなどが言葉で伝えられるのがうれしくて、とてもおしゃべりになる時期です。記憶力もしっかりしてきて、「あのね、今日ね……」と、ママやパパがいないところであったできごとを話す子も。まだ話は断片的で、現在と過去を混ぜて話してしまうことも多々ありますが、矛盾を問い正し過ぎるようなことはしないで、じっくり聞いてあげましょう。

言葉を使って、怒ったり文句を言ったりすることもできます。今までのように、伝えられないもどかしさが行動に出ることがだんだん少なくなって、対応しやすくなったと感じるママもいるでしょう。

引用元-【4歳児】言葉と身体の発達のポイント [子育て] All About

「なぜ?」「どうして?」の質問攻めは前にも増して激しくなりそう。ときには、生意気な口のきき方や、「うんち」「おしっこ」「バカ」「うるせー」などの言葉を面白がって連発することもあります。大人や友だちの言葉、テレビなどを真似して、ママの反応を面白がっているのです。過剰に反応するのは逆効果。「そういう言葉は、よくないね」などとさらっと受け流しましょう。
子どもは、その言葉の本来の意味を知って悪意を持って使っているのではなく、響きを楽しんで使っていることが多いものです。

引用元-【4歳児】言葉と身体の発達のポイント [子育て] All About

4歳児の言葉遊び

4歳児になると、語彙力も充実し自分の気持ちを言葉で表せるようになります。
そのために言葉に対する興味もわいています。
“しりとり”などのことば遊びを喜び、勝ち負けに強い気持ちを示します。

引用元-何が好き?4歳児の遊びの特徴をまとめました | mama’s up(ママズアップ)

4歳児の言葉の目安と目標

■ 名前・年齢・誕生日など「?です」と質問に答える。
■ 自分の意思を言葉で表現できる。
■ 一枚の絵を見て、お話を創作できる。
■ 相手の目を見て話す事、聞く事ができる。
■ 同頭語、同尾語探しをする。
■ 具体物を触り、言葉で表現をする。(硬い、柔らかい、フカフカ、ザラザラなど)

引用元-幼児(4才児)の発達 【4歳の目標と目安】 発達の目安一覧|発達をサポートする幼児教育・幼児教材なら:まいとプロジェクトの≪お母さん講座≫

4歳児の能力の発達度

幼稚園という集団を経験する子どもが多い年齢です。この時期は、幼稚園という大きな集団の中で、子どもはその集団で頑張って自分の居場所を作ろうと努力します。その反動が家庭で現れる事があります。急に恥らうようになったり、自分の事は自分で出来たはずなのに急にやらなくなったり、お母さんベッタリになったり・・・。心配せずに、この時期こそ、よくお子さんを観察し、急に出来なくなったからと叱らない様にしましょう。

また、性格的な特徴や個性が顕著に現れてくるのもこの時期です。御両親の心配が個人の性格や環境の変化に行きがちになりますが、脳の発達も忘れてはいけません。

3歳から6歳で脳の構造は90パーセントが出来上がります。そして、知的好奇心は6歳がピークと言われていますが、6歳になったから好奇心や考える力が芽生えるわけではないのです。幼稚園は、子どものこれからの社会性を育てる大切な環境の1つと考え、プラス他での体験学習をたくさん経験する事で「考える力」「知的好奇心」を付けていってあげたいものです。

引用元-幼児(4才児)の発達 【4歳の目標と目安】 発達の目安一覧|発達をサポートする幼児教育・幼児教材なら:まいとプロジェクトの≪お母さん講座≫

4歳児の言葉の発達

4歳は「言葉の充実期」です。

4歳の1年間で言葉の数(語彙数)が1500語ぐらいから1700語ぐらいにまで増えていきます。そんな言葉の構造に少しずつ興味関心も出てきます。

長い言葉や短い言葉、同じ音の繰り返しや、音の響きの面白い言葉に出会うと何度も繰り返し使うようになります。そこで4歳では言葉の「音の数」に着目し、言葉の「構造」を意識していきましょう。

また、4歳は言葉の充実期なので、月齢が進むにつれて、様子や気持ちを表す「形容詞」や「形容動詞」、言葉と言葉をつなぐ「助詞」や「助動詞」、文と文をつなぐ「接続語」……などもどんどん吸収して使うようになり、文章が多様化してきます。

言葉の種類もどんどん増えていきますよ!

この時期に長い言葉や短い言葉など、言葉の構造を意識し、さまざまな言葉を習得していくきっかけ作りをしていきましょう。

引用元-言葉の音の数をかぞえよう!/4歳児は言葉の充実期 | 幼児教育で伸ばす子どもの発達

まとめ

ある研究結果から、子供の実年齢と語彙年齢を比べた場合、3歳4歳と年齢が進むと語彙はどんどん実年齢と語彙年齢と比例して増えたそうです。この傾向は平均以上に語彙が多い子の集団と平均以下の語彙の集団で見ても同じだそうです。ところが5歳から語彙の増え方が横ばいとなるそうなのです。語彙に関しては、特に5歳になるまでの期間が重要なようですよ。

twitterの反応


https://twitter.com/srockcreater/status/656397258053718017


https://twitter.com/moja_moja_love/status/649534429270966272


https://twitter.com/sora_mamecco/status/604292421346697216

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ