鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

日本人は島国のせい? 韓国人や中国人とは違う遺伝子

      2017/09/28

日本人は島国のせい? 韓国人や中国人とは違う遺伝子

日本人の遺伝子は特有で、縄文時の1万6千年くらい前から3千年くらい前まで、日本列島の北から南まで縄文土器を作っていた人たちがいて、その人たちの遺伝子がわれわれにも伝わっているらしいのです。

それによって、大陸の中国人とか韓国人とは違う遺伝子があるというのです。今回は、日本人 韓国人 中国人の遺伝子についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


人間同士の遺伝子の一致率は?

DNAの一致率99、9%違うとかよく目にしますが他人でも30%とか50%とかなる場合あるんですか?

引用元-DNAの一致率99、9%違うとかよく目にしますが他人でも30%とか50%… – Yahoo!知恵袋

人間とチンパンジーのDNA一致率は98.8%、人間同士なら100%に近い確率で一致しますよ。
ごく一部の遺伝子を解析し、血縁関係を%表示する検査結果もありますので、それと混同されているのでは?

引用元-DNAの一致率99、9%違うとかよく目にしますが他人でも30%とか50%… – Yahoo!知恵袋

韓国人は遺伝的に、中国人よりも日本人に近い

これまで非常によく似た民族と推定されてきた韓国人、日本人、中国人の間にも、微細な遺伝的差が存在することが確認された。 特に、韓国人は遺伝的に、中国人よりも日本人に近いことが明らかになった。
疾病管理本部国立保健研究院のチョ・インホ博士研究チームは3日、「世界最大の遺伝体研究協議体である米TSC研究チームと共同で遺伝子塩基配列について大規模な研究を行った結果、こうした事実を確認した」とし、「今後、疾病遺伝子の発掘や新薬研究開発などで重要な基礎資料になるだろう」と明らかにした。
今回の研究で、韓国人は黒人との遺伝的差が18.8%、白人とは16.1%だった半面、中国人(8.4%)、日本人(5.9%)との差は比較的少ないことが分かった。 日本人と中国人の間の遺伝的差は8.6%だった。 韓国人と日本人の遺伝子が最も似ているということだ。

引用元-韓国人と九州人の遺伝子が七十%も一致するという件について – NATROMの日記

韓国人と日本人の遺伝的差”divergence”は5.9%。もちろん、物差しが違うので、ヒト=チンパンジー間のDNAの一致率と比較はできない。遺伝的差”divergence”は、集団間の対立遺伝子頻度の差から求めたようだ。たとえば、ある遺伝子座においてCもしくはTという対立遺伝子があるとする。日本人集団でCの頻度が30%、韓国人集団で35%、中国人集団で50%とすると、遺伝子頻度の差は、日本人‐韓国人間で5%、韓国人‐中国人間で15%、日本人‐中国人間で20%というわけ。何千個ものSNPsを調べてその平均をとったら韓国人-日本人間で5.9%であったと、そういうわけであろう

引用元-韓国人と九州人の遺伝子が七十%も一致するという件について – NATROMの日記

遺伝子の違い(共通祖先)|ハプログループとは

ハプログループ(英: haplogroup)とは、単一の一塩基多型 (SNP) 変異をもつ共通祖先をもつような、よく似たハプロタイプの集団のことで、単倍群とも訳される。
ある種(たとえばヒト)の一部(たとえば日本人)について、ハプログループを調べることで、その一部(日本人)の由来を調べることができる。通常は、ミトコンドリア(女系)やY染色体(男系)を用いる。ミトコンドリアのハプログループを調べる話は「ミトコンドリア・イブ」という言葉とともに有名になった。
この研究が発展して、人類がアフリカから各地へ移動していく経路も推定できるようになった。Y染色体ハプログループを人類全体について調べることで、世界各地の民族の由来を調べることもできる。

引用元-Wikipedia

日本人のアイヌ系の遺伝子|ハプログループD

原始モンゴリアンと呼ばれる集団だ
アジアでは、分離された島である日本や台湾、沖縄、サハリンなどで高い割合を示す
韓国にはあまりない遺伝子だが、中国や満州と比較するとやや高い数値である
特徴はアイヌ民族を想像するといいかもしれない
毛深く、なぜか西洋的な雰囲気

アイヌ100%、日本人40%、沖縄38%、韓国3〜4%

引用元-韓国人「DNAで比較した、韓国人、中国人、日本人の違い」 : カイカイ反応通信

日本人や韓国人の遺伝子|ハプログループ02b

O2遺伝子の故郷は、そもそも東南アジアの方だ
これが北上し、6000年ごろに朝鮮半島から別種のO2bが生じ分化した
不思議なのは、中国にはこんな遺伝子を持つ人がほとんどいないということ
このことから、韓半島人が大陸に逆流入したことはほとんどなかったと言える

ところで、日本にもすごく多い遺伝子だ
比率は我々と同じ30%
日本人が言う渡来人たちが、どこから来たのかを示しているのではないだろうか
考古学的な資料を見ても、渡来人が流入した後、日本の人口が爆発的に増加している

引用元-韓国人「DNAで比較した、韓国人、中国人、日本人の違い」 : カイカイ反応通信

この遺伝子を持って韓国人は元々東南アジア系と主張する人もいるが、東南アジアから朝鮮半島まで移動するには約2万年かかると言われている
つまり、ありえない話であって…

韓国30%、日本30%、沖縄23%、満州20%

引用元-韓国人「DNAで比較した、韓国人、中国人、日本人の違い」 : カイカイ反応通信

日本人、韓国人、中国人の遺伝子の違い|ハプログループで分類まとめ

1. 韓国人と最も似ているのは満州人である
2. その次が日本人
3. 韓国人はかつて日本に多く移った、DNAが証明している
4. 韓国人が中国に流入した形跡はほとんど見られない
5. 両者とも目は細いが、韓国人とモンゴル人とはあまり似ていない

引用元-韓国人「DNAで比較した、韓国人、中国人、日本人の違い」 : カイカイ反応通信

まとめ

今年あった発表では、縄文人の遺伝子を分析して、現代の日本人には縄文人の遺伝子が受け継がれていることが可能性として見えてきたそうなのです。このまま遺伝子の研究が進めば、縄文時代から現代にかけて、日本列島人の集団が遺伝的にどのように変化したのかが見えてくることになるそうです。

twitterの反応


https://twitter.com/R__kik17/status/656111639347859456


https://twitter.com/cocoshibuya/status/643079680355008512

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ