鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

「自由貿易区」がカンタン。中国へ輸出したい健康食品

      2017/09/12

「自由貿易区」がカンタン。中国へ輸出したい健康食品

世界経済の中でも何かと話題になる中国。人口は13億人以上に膨れ上がり、GDPも日本を抜き世界第2位に。最近では、経済成長に陰りがでてきたのでは?なんてささやかれていますが、それでも順調に経済成長し続けており、まだまだその衰えは感じられません。

日本製の製品にて人気のある商品カテゴリーは、薬品、美容健康食品などの健康に関するものやAV機器、化粧品など生活に密着するものに集中しているようです。中国へ輸出したい健康食品は日本にはたくさんありそうですよね。

今回は、中国へ輸出したい健康食品についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

スポンサーリンク


中国への輸出|中国EC越境システム

越境ECとは、中国の自由貿易区(保税区)を活用し、輸入許可、関税、販売許可、CFDA取得などの貿易障壁なく日本製品の販売ができる、中国政府公認の新しいインターネット販売のプラットフォームです。
日本に在庫を持ちながら中国エンドユーザーへインターネット販売が可能です。

引用元-食品・健康食品・化粧品・サプリ等の中国輸出、越境EC、CFDA(旧SFDA)はスキャンウェルにおまかせください

中国への輸出がカンタン|中国政府公認

すぐに販売可能

輸入通関、販売(輸入)許可申請など、通常、必須となるプロセスを経る必要なく販売ができます。

引用元-食品・健康食品・化粧品・サプリ等の中国輸出、越境EC、CFDA(旧SFDA)はスキャンウェルにおまかせください

ワンストップサービス

翻訳・広告・物流まで、販売に係る全てを ワンストップで提供いたします。

引用元-食品・健康食品・化粧品・サプリ等の中国輸出、越境EC、CFDA(旧SFDA)はスキャンウェルにおまかせください

中国への輸出が楽になる|EC越境市場

経済産業省は、「2013年に1.7兆円規模だった越境EC市場は今後も拡大を続け、東京オリンピックが開催される2020年には4.1兆円規模まで拡大する可能性がある」と試算しています。これは7年間で約240%という驚異的な伸び率です。
データの中でも特筆すべきなのは、2013年に「中国の消費者が日本のECサイトで購入した金額」は3,902億円・「同アメリカのECサイトから購入した金額」は4,171億円で、購入金額で見ると3国間では中国が最大になっている点です。 また、販売国から購入国への流入金額のうち最大なのは「アメリカの消費者が日本のECサイトで購入した金額」の4,323億円となっています。
これらのデータをひも解くと、「中国・アメリカの消費者は、日本のECサイトから購入したがっている」ということが明確であり、その潮流は今後も拡大し続けるでしょう。 そしてもちろん、この絶好の勝機をつかむためには、多言語に対応したECサイトをしっかりと構築しておく必要があります。

引用元-越境ECシステム(G-trade) | 海外実績300社のインフォキュービック・ジャパン

中国への輸出−中国で購買を伸ばすためには

日本を訪れる中国人観光客によって爆買いされる商品は、訪日の約2か月ほど前からWeiboやタオバオを始めとする、様々なメディアの口コミ情報を参考に買い物リストとして記録され、訪日した際にはほぼ指名買いされるような現象が一般化されています。

引用元-中国人の消費行動と越境EC市場規模について : Weibo Japan

訪日前に口コミを参考に商品を選び、訪日した際にリストをもとに商品を購入、さらに購入した物や場所に関してWeiboなどに投稿して、帰国後はその商品に関しての使用感などを友達同士でシェアします。
帰国後に消耗品のリピート購入する際には、「ソーシャルバイヤー」を介して、中国では手に入らない商品を購入する場合が増えてきています。また、最近は多くの越境ECモールが立ち上げられ、中国国内にいながら世界中の商品が購入、自宅まで届けら獲れるサービスが増えてきています。

引用元-中国人の消費行動と越境EC市場規模について : Weibo Japan

中国市場動向−輸出される健康食品

中国市場向けの案件は、ニーズが日々変化しています。
一方、誰でも無計画にチャレンジする状況も変化し、落ち着き始めたのかな?とも感じています。
それなりに貿易経験のある会社さんや中国での販売力を持つ会社さんなどの割合が増えたように思えます。

問い合わせ案件のニーズを見ていると、商品も売れ筋の酵素商品から、地味に市場形成がなされているナットウキナーゼや国産青汁へのニーズの変化が起こっているようです。
さすがに、これだけ酵素の商品が出回ると、市場はアッという間に飽和し、出遅れた会社さんは、販路を持っていない限り儲からないのでしょう。まあ、販売競争も激化しているのでしょうからね。

一方、国産青汁の場合、先行して中国で出回った中国産日本加工の大麦若葉末を用いた青汁と同じ価格を求められるので、ほぼ成約しません。状況を説明しても理解できない会社さんが何社も何社もOEM会社に問い合わせを行っている状況があります。
青汁案件の場合、弊社でも、産地とコストの説明を行って、対応するかを決めております。

ナットウキナーゼの場合、ソフトカプセルでの商品設計が求められることが多いため、試作代と納期が問題になることが多いです。
今、安価なナットウキナーゼ原料も出回り始めたので対応は可能なのですが、ナットウキナーゼ単品もしくはナットウキナーゼ&酵素では、後発商品として勝負していけないので、さらに差別化原料の工夫が必要です。
弊社の場合、レスベラトロールによる赤ワイングラス換算表記などもオススメしております。中国でも、この量のクリエイティブは通用すると考えております。

引用元-販売重視型の健康食品OEM製造&原料開発☆栗山雄司 : 中国市場動向: 酵素→ナットウキナーゼ・国産青汁、そして、次は?

中国市場で成功するための健康食品に必要な要素

いろいろな会社さんの状況を見ていると、非正規輸出(特区での販売)やインバウンド向け販売の場合、共通して以下のような要素が必要だと考えております。

・中国での広告活動
・その他の日本独自素材
  ↓
・市場の創造力

酵素やナットウキナーゼ以外にも、日本独自の素材は多数存在します。
プロテオグリカンや乳酸菌(植物性ナノ型乳酸菌など)、希少糖などがその代表だと思います。また、中国で生産されていても、日本独自の技術やブランドで作られている原料なども、見せ方次第であり、売れる素材も多数存在すると思います。
日本でも売れていることを筆頭に、特許や大学での研究というのが売れるキーワードになっています。

あと、アメリカ独自技術の素材を配合した日本製商品というのも、売れ筋の条件に入ってきています。

求められる効果は、依然として健康ニーズとダイエットニーズが強いです。
ただし、健康面の細かいニーズは多様化しています。
例えば、肝機能サポートのニーズや滋養強壮のニーズ、がん予防ニーズなどが出てきています。

市場は、刻々と変化しています。
特に、中国市場の動きは速いです。
上記の条件は、おそらく半年から1年後の必須条件になってくるだろうと思われます。
先を見据えて、最良の商品供給ができればと思っております。
先手を打って攻めていかないと、大きな利益にはつながりません。
一方、中国向けの案件は、思いだけで商品設計を決めてこられることが多いです。そこは、顧客にも良くないことなので、そこを上手く調整していければなぁと思っております。

引用元-販売重視型の健康食品OEM製造&原料開発☆栗山雄司 : 中国市場動向: 酵素→ナットウキナーゼ・国産青汁、そして、次は?

まとめ

著しく成長している中国通販市場ですが、日本製の製品にて人気のある商品カテゴリーは、薬品、美容健康食品などの健康に関するものやAV機器、化粧品など生活に密着するものに集中しているようです。

twitterの反応


https://twitter.com/pannacottaso/status/655951359917686785

 - 仕事 経済

ページ
上部へ