鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

イタリアから来たパスタの有名な料理は、国では郷土料理

      2017/09/12

イタリアから来たパスタの有名な料理は、国では郷土料理

イタリアでところ変わればパスタ料理も変わります。北部は平たい手打ちのパスタが多く、南部はサイズの大きなショートパスタがよく食べられるとのことです。さらにからめるソースはトマト、チーズ、肉や魚介類と、地域性があって興味津々です。

今回は、イタリアのパスタで有名な料理についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


イタリアのパスタ−有名な地方

中部のローマを代表するのは、ペンネやスパゲッティを使ったアラビアータ。アラビアータはトマトソースにトウガラシを加えて煮込んだソースで、ピリッとした辛さがクセになる。またカルボナーラも代表的なパスタ料理のひとつ。卵黄とチーズ、コショウなどで作るこってりとしたホワイトソースだ。ニンニクと唐辛子のシンプルなペペロンチーノももとは中部の味だったもの。

フィレンツェはゴルゴンゾーラチーズのソースをからめたコクのあるパスタが人気。海沿いのヴェネツィアはシーフードふんだんに使ったパスタや、イカスミのパスタなどが有名。また、各地で食べることができるが、バジルをペースト状にしたソースをからめた緑色のパスタはジェノバの名物である。

同じく北部のミラノでは、キノコや野菜を使ったヘルシー指向のパスタ料理が人気。いっぽう南部はオリーブオイルをたっぷりと使った、トマトソースのパスタが主流。ナポリでは魚介類とトマトを煮込んだソースをからめたペスカトーレや、アサリをたっぷりと使ったボンゴレが代表的な味だ。

引用元-各地のパスタ料理を味わおう / おいしい味を求めて!イタリアの「食」を満喫する旅 | 地球の歩き方ガイドブック

イタリアのイカスミパスタは、どの地方?

池田 ではさっそくですが、今日の料理は「イカスミを練り込んだタリエリーニ。甲殻類のラグー添え」。いわゆるイカスミのパスタですね。

八島 世間一般ではイカスミソースにパスタがからめてあってイカがその上に乗ってる、それじゃちょっとおもしろくないし、味わいも複雑味がないでしょ。これはパスタにイカスミを練り込んで磯の香りを封じ込めてる。それにホタテ貝とテナガエビをそぼろ状にしたもので仕上げています。普通のイカスミのパスタは歯が黒くなるけど、これはならない。

池田 ということはデートで食べても大丈夫ということですね。ところで、イタリア人にとってイタリア料理というのは存在しないと教えていただきました。あるのはミラノ料理であったりベネチア料理であったり、その土地によって違うんですね。

八島 イタリアは西ローマ帝国の滅亡後、小国の乱立が続いて統一されたのは1861年。だから各地方の文化がぜんぜん違うし、独自性がある。食べるものも含めてなんでも「やっぱり地元がいちばん」という意識ですね。例えばベネチアの人が「今日は気分を変えてナポリ料理を食べよう」とはならない。ナポリに行けばもちろんナポリ料理を食べるけどね。

池田 このパスタはどこの地域のものですか?

八島 パスタにイカスミを練り込むのはベネチアです。細かく砕いた魚介類と麺をからめるのはアドリア海側の中部イタリアにあるマルケとかアブルツィオあたりでやってますね。で、このふたつの地方の料理法を私が組み合わせました。イタリアでの修行を終えて、日本に帰ってきて最初にオープンしたお店でいちばん最初に売り出した一品ですね。メジャーな料理雑誌も取材に来てくれて、けっこう話題作でした。

引用元-ON THE FILED | 神戸学院大学 人文学部 人文学科

イタリアのパスタ−タリエリーニとは

イタリア中部から北部にかけては、川流域の豊かな平野で軟質小麦がとれます。
タリオリーニは、その小麦粉と卵、塩、オリーブオイルなどでつくられるのです。
形は幅1〜3ミリほどの細いロングパスタ、“切る”という言葉をイタリア語ではタリアーレTagliare といいますが、タリオリーニはそれが語源であることがわかります。
食べると噛みごたえがあり、ソースとのからみもよく、細くてのど越しがよいのが特長です。

引用元-パスタ講座-タリオリーニ Tagliolini|Ristorante KOUJI cordiale

イタリアのラグーって?

ラグー【ragù(イタリア)】

イタリア料理で、肉や魚介類を細かく切って煮込んで作るソース。ミートソースなどがある。パスタに用いることが多い。◇「ラグーソース」ともいう。

引用元-ラグー(ラグー)とは – コトバンク

イタリアのパスタ−アマトリチャーナ

北部のエミリア・ロマーニャ州が広大なパダナ平原を中心とした酪農地であるのに対して、ラツィオ州やその北に位置するウンブリア州はアペニン山脈の中心に位置し、牛の放牧がきわめて困難な地域である。 そのためラツィオ州やウンブリア州は狭い土地で豚や羊を飼っていた。 こうして豚・羊文化から誕生したのが、豚から作った生ベーコン「パンチェッタ」であり、羊乳で作られた「ペコリーノチーズ」である。
パスタで言えば、カルボナーラであり、アマトリチャーナである。
アマトリチャーナは「アマトリーチェ風」という意味合い。 アマトリーチェ(Amatrice)というのはローマの北部、ラツィオ州の町の名前です。
パンチェッタに玉ねぎ、トマト、そしてペコリーノチーズ。 素朴でなんだか懐かしい味なんですよね、これが。

引用元-パスタのレシピ – アマトリチャーナ [TOMATO & BASIL]

イタリアのパスタ−アーリオオーリオ

正式にはアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーニ、つまり、にんにくとオリーブ油と赤唐辛子。シンプルなだけに奥の深い一皿。良質のエキストラバージン・オリーブ油を使うこと、パスタはフェデリーニなどの少し細めのものを使い、硬めにあげることが、家庭でうまく作るコツ。オリーブ油をたっぷり使っているのに、少しも油っぽいしつこさがなく、するするとお腹におさまってしまう。

引用元-スパゲッティ・アーリオ・オーリオ : dancyu(プレジデント社)

イタリアのパスタ超有名なカルボナーラ−本場のものは

ローマのあるラツィオ州の料理として、イタリア全土のみならず世界的に拡がったものでもあります。日本でも統計によっては、もっとも人気のあるスパゲッティはカルボナーラとなることがミートソースとともに多く、それでいてクリームソースがカルボナーラだと誤解されまくっている様子が昔から非常に気になっていました。ほんらいはカルボナーラは生クリームなしで成立するからです。また、美味しんぼで卵白を使うことが否定されたことから、生クリームは使うのに卵は卵黄だけという店が日本に多くなり、イタリアとの乖離のいびつさが気になっていたのです。それで、イタリアの四都市を再訪するにあたり、本場との違いということではミートソースよりも、もうちょっと重苦しいけれどもカルボナーラ比較をしようと出発前にすでに考え、宣言していました。

引用元-イタリアの地方料理-カルボナーラ2 ( ヨーロッパ ) – MonsieurEdoccoのブログ – Yahoo!ブログ

カルボナーラはといえば、全卵ではありましたが、昔イタリアで食べたいくつかのカルボナーラに比べると濃厚ではなく、あっさりしています。どっぷり生クリームではないものの、卵だけという感じではなく、ブイヨンを使っていそうです。つまりフランスや日本のものに近い感じで、生クリームも入っていそうでした。パンチェッタは上質のものを注文後に切って、軟骨も取り除いていませんでした。安直さのなさは、観光客向けの範疇ではありません。

引用元-イタリアの地方料理-カルボナーラ2 ( ヨーロッパ ) – MonsieurEdoccoのブログ – Yahoo!ブログ

イタリアではカルボナーラには生クリームを使わない、というジローラモの発言同様のことを私も裏付けたくて旅に出たのですが、諸外国の影響は強かったようで、サイゼリヤのものとほぼ同様のものがフィレンツェとミラノでみられた以上、北の標準が生クリーム入りになりつつあるのを感じます。

引用元-イタリアの地方料理-カルボナーラ2 ( ヨーロッパ ) – MonsieurEdoccoのブログ – Yahoo!ブログ

まとめ

日本ではアルデンテと芯が残るような固めな麺が本場だと思ってる方が多数でしょうがイタリアで食べたパスタは生パスタがほとんどでモチっとうどん?みたいな歯ごたえ触感でフォークにもよく絡みやすく乾麺パスタのようにツルンと落ちやすくないそうです。乾麺パスタは海側?でしか食べないそうですよ。ナルホド。

twitterの反応


https://twitter.com/knt031/status/620458143852552192


https://twitter.com/f_oldsho/status/615457487571959808

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ