鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

北海道へ子供連れの旅行 おすすめのみどころは!

      2017/09/12

北海道へ子供連れの旅行 おすすめのみどころは!

北海道は子供連れで楽しむ旅行としてはエリアも広いので効率よく廻りたいですね。

旅行するのに最適な季節や場所を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


北海道 道南、道央エリア

エキゾチックな街並みから、四季折々の景観が見事な大自然まで、魅力満載の道南圏。
古くからの歴史を持つ、大沼国定公園やトラピスト修道院。最北の城下町や、新撰組の土方歳三で有名な五稜郭公園。
エキゾチックな街並みから、四季折々の景観が見事な大自然まで、魅力満載の道南圏。
歴史に触れ、大地に触れ、五感を刺激する最高のロケーションがいっぱいです。

引用元-北海道早わかり | 北海道の基本情報 | 北海道について | 北海道ぐるり旅 – 北海道公式観光情報サイト

この地にフロンティア精神を育んだクラーク博士像や開拓の村が当時を偲ばせます。
今も開拓精神が生きる190万人都市、札幌。
この地にフロンティア精神を育んだクラーク博士像や開拓の村が当時を偲ばせます。
また、ノスタルジックな街並みの小樽は、散策するだけで別世界に引き込まれるほど。 ここからは広大なニセコやルスツ、キロロまでもアクセスが容易です。

引用元-北海道早わかり | 北海道の基本情報 | 北海道について | 北海道ぐるり旅 – 北海道公式観光情報サイト

北海道 道東、道北エリア

神秘の海オホーツク、未踏の原生林知床半島。道東の自然は原始そのままの姿で見る人を圧倒させます。
流氷やクリオネが訪れる神秘の海オホーツク、陸上から立ち入ることができない未踏の原生林知床半島。
丹頂鶴が生息する日本最大の釧路湿原、火山と森・カルデラ湖が織り成す阿寒国立公園…などなど、道東の自然は原始そのままの姿で見る人を圧倒させます。

引用元-北海道早わかり | 北海道の基本情報 | 北海道について | 北海道ぐるり旅 – 北海道公式観光情報サイト

道北には、極寒の地らしくトナカイ牧場や日本最大級の犬ぞりレースがあり、北海道らしさを満喫することができます。
日本最北端の宗谷岬から遠くサハリンの島影を望んだら、「花の浮き島」と呼ばれる礼文島へ。利尻島では鏡の湖面に映る「利尻富士」が迎えてくれます。
道北には、極寒の地らしくトナカイ牧場や日本最大級の犬ぞりレースがあり、北海道らしさを満喫することができます。

引用元-北海道早わかり | 北海道の基本情報 | 北海道について | 北海道ぐるり旅 – 北海道公式観光情報サイト

北海道旅行〜安いシーズンは?

北海道というと、冬にはたくさんの雪が降るので「冬に行くと大変なのでは」というイメージがありますよね。
でも、北海道は冬でも見所満載の地域です。
札幌雪祭りなどは有名ですが、流氷を見ることができたり、セスナ機に乗って遊覧することができたり、冬の北海道は意外なほどみるところがあります。
この為、冬でも北海道の旅行料金は高め。
もちろん、北海道といっても広いので行き先によりますし、オンシーズンよりは安くなること確実です。
北海道でシーズンオフといわれているのは、GWが終わった後くらいから6月いっぱい。
7月に入る夏休みシーズンに入りますので、旅行のお値段は高くなります。
また、11月〜12月あたりも安いと言われています。
この期間に、上手に格安チケットを探すと、安い料金で北海道旅行を堪能することができるのではないでしょうか。

引用元-国内旅行、人気の行き先と安いシーズン | 旅行するなら絶対格安がお得! 格安旅行マニュアル

北海道 星野リゾートトマム 子供も安心なホテル

星野リゾートトマムには、ザ・タワーと、リゾナーレ トマムの2つのホテルがあります。野生のシカやエゾリスが生息する敷地内では、思う存分遊ぶことができる星野リゾートトマム。
リゾナーレ トマムにある「ままらくだステーション」では、おしりふき、お口拭き・手拭き、おもちゃ、・ベビーシャンプー、ベビーソープを借りることができます。
おむつ(S、M、L)、離乳食(おひとり様1泊につき1個)、エコバッグは、持ち帰りOKです。荷物が多くなりがちな旅行ですが、レンタル可能な赤ちゃん用アメニティもあるので助かりますね。
キッズスペースも充実しており、専用のガイドがいるプールで水遊びをすることも可能なんですよ。
ママは託児サービスを利用してエステを受けることもできます。せっかくのリゾート、羽をゆっくり伸ばしましょう。

引用元-子ども大人も大満足間違いなし!北海道リゾートホテル3選|cozre[コズレ] ママパパの子育てをもっと楽しく

北海道旅行は子供も楽しめる札幌の雪遊び

札幌は年間降雪量が6mにも及び、雪はとても身近な存在です。北海道に暮らす子どもたちは雪で遊ぶのが大好き。特別な道具はいりません。通学路でも近所の公園でも、すぐに雪合戦やそり滑りがはじまります。
また、札幌市内の大きな公園やスキー場では、そりやスキーの貸し出しをしていて、手ぶらで出かけて雪遊びを楽しめるので、旅行で札幌を訪れる方におすすめです。
ちょっと遊ぶ手を休めて、手袋や上着についた雪をじっと見てみてください。綺麗な雪の結晶が見れるかもしれません。
服の中に雪が入って濡れてしまう事があるので、暖かい服装や靴、手袋の装着をおすすめします。ケガには十分ご注意ください。

引用元-冬の札幌旅行といえば雪遊び。大人も子供も楽しめる | 北海道・札幌観光

北海道といえば子供も喜ぶ動物園

北海道旭川市にある日本最北の動物園・旭山動物園。入園者の減少を機に、1997年から、動物の自然な生態を観察することのできる「行動展示」をスタートし、一躍全国的に有名な動物園となりました。「もうじゅう館」や「さる山」「ぺんぎん館」「オランウータン舎」「ほっきょくぐま館」など、新しくオープンさせた施設がいずれも人気を博し、特に12月〜3月にかけて行われるペンギン散歩で園内をヨチヨチと歩くペンギンや、水中を泳ぐホッキョクグマの姿は大変な人気を集めています。動物たちがエサを食べる様子を見ることができる「モグモグタイム」は、園の入口にタイムテーブルが表示され、その時間になるとそれぞれの檻の前は見物客でいっぱいに。好きな動物にターゲットを絞って早めの時間に移動し、よい位置をキープしておくことをおすすめします。

引用元-旭川市旭山動物園 旭川(道北)・テーマパーク(動物園・水族館)| 北海道・北海道情報ガイド【トラベルコちゃん-旅の情報】

まとめ

北海道は景色のいい自然と美味しいものがたくさんありますよね。行ってみたいところがありすぎますが、何しろ広くて移動するのに半日以上かかる場合も。一度に欲張らずにエリア別に訪れたほうが子供連れ旅行にはいいのではないでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/__santa3/status/638492474848112640


https://twitter.com/MashaMine/status/636292816184827905


 - 旅 旅行

ページ
上部へ