鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

猿人類の化石が見つかってない?猿から人間に進化した過程

      2017/09/12

猿人類の化石が見つかってない?猿から人間に進化した過程

「猿が人間に進化した」とはいうものの、猿の化石と人間の化石の間の化石がないのだとか。しかし、チンパンジーと人間の遺伝子の単純な配列のみの比較では5.3%違うだけなのだとか。

今回は、猿が人間に進化した事についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


猿が人間に進化

6千5百万年前、1億年以上も地球上で繁栄を誇った恐竜の時代に終わりがやってきました。小惑星の衝突がもたらした地球環境の大激変。しかし、厳しい環境を乗り越え、生き残る事ができた小さな動物がいました。プルガトリウスです。最も古いサルの仲間です。鋭い爪を使って木の上に登り、果物や昆虫などを食べていました。このプルガトリウスのような生物から進化したのが、現在のサルだと考えられています。
恐竜絶滅以後の地球には、広大な熱帯雨林が世界中に広がっていました。サルたちの進化の舞台となったのは、この深い森の中でした。森の木の上の生活は、襲ってくる敵も少なく、豊富な果物に恵まれていました。この豊かで安全な森で、サルたちは次第に種類を増やしていきました。そして私達人類につながる祖先も、この森の中で生まれたと考えられています。アフリカの赤道直下に広がる湖、ビクトリア瑚。
ここに、ルシンガ島(ケニアという小さな島)があります。この島から人類の起源を探るための重要な手がかりが見つかりました。アフリカの各地で発掘を続けてきたメリー・リーキー博士は、この島の1千8百万年前の地層から小さな骨のかけらのようなものをいくつも発見しました。さらに、その下の土を掘ると、歯と顎の骨が出てきました。見つかったかけらを一つ一つつなぎ合わせてみると、それは、サルの頭蓋骨でした。
プロコンスルと名付けられたこの化石は、私達人類につながるサルだったのです。メリー・リーキー博士によると、プロコンスルは、チンパンジー、ゴリラ、そして私達人間の祖先だと考えられます。非常に長い時間をかけて、次第に人間へと進化したのです。

引用元-第8話 人が猿と分かれた日

プロコンスルが猿や人に進化

発見された化石の研究の結果、プロコンスルは小型(P.africanus)・中型(P.nyanzae)・大型(P.major)の3型に分けられ、小型のものはチンパンジーの祖先とされる。20世紀後半までは、プロコンスルは人類とは無関係(人類はラマピテクスなどを祖先とし、現生類人猿とは早くから分岐したとされていた)と考えられていたが、分子時計の解析により、人類とチンパンジーが中新世末から鮮新世初期という、地質年代としてはかなり新しい時代に共通の祖先から分かれたらしいことが明らかとなったことから、プロコンスルは人類の祖先であると言われるようになった。

引用元-Wikipedia

化石人類が人間の進化の手がかり

化石人類にはいろいろな種類がある。それらのほとんどは、現生人類にはつながらない、子孫を残さずに絶滅してしまった種のようである。不思議なことに、こうした様々な人類はアフリカで誕生して、世界に散らばっていったらしい。なぜアフリカだけが、新しい人類発祥の地になるのかはわからない。ジャワ原人、北京原人などはアフリカに起源を持ち、アジアに進出して絶滅したホモ・エレクトスの一種で、彼らが現在のインドネシア人、中国人の祖先というわけではない。

引用元-人類の起源

化石人類が語る人類進化の年代

 最近の研究成果を紹介した諸書によって、人類進化史のあらすじを化石人類でまとめると次のようになる。 → 人類の出現年代
700万年前……アフリカで類人猿の仲間から直立歩行したヒト類が誕生。
450万年前……アフリカの大地溝帯周辺でラミダス猿人が登場。
380万年前……アフリカでアウストラロピテクスがオルドヴァイ文化を産みだす。
280万年前……アウストラロピテクスが華奢型と頑丈型に分かれる。 
250万年前……アフリカでホモ=ハビリスが打製石器製造技術を発達させる。
180万年前……ホモ属のホモ=エレクトゥス(原人)が旧大陸に広がる。
 60万年前〜20万年前……アフリカ、アジア、ヨーロッパに旧人が生まれる。
 20万円前……アフリカでホモ=サピエンス(現生人類=新人)が生まれる。 → アフリカ単一起源説
 16万年前……ホモ=サピエンス、この頃から「出アフリカ」し旧世界に広がる(人類の拡散)。
 15万年前……ヨーロッパから西アジアでネアンデルタール(旧人)が活動。
  3万年前……インドネシアのフローレス島にホモ=フロレシエンシスが独自の進化。
  2万5千年前……地球上にはホモ=サピエンスのみが生き残り、文明を形成する。

引用元-化石人類

何故生き物は、進化するのか?

なぜ、生き物は進化するのでしょう? 一言でいえば、それは遺伝子が変化するからなのです。 遺伝子は、生き物の体を作るための設計図のような働きをします。 わたしたちの体は、小さな細胞がたくさん集まってできていますが、遺伝子はその細胞の中に入っています。 遺伝子は、ちょうどコピーをとるように、同じものが作られて、親から子へと受けつがれていきます。 ところが遺伝子は、コピーをするときにミスをすることがあり、親とはちがった遺伝子が子供にわたされることがあります。 遺伝子がちがえば、親とちがった子供がうまれてくるのも当然です。
このように、遺伝子に変化が起こることによって、生き物は進化すると考えられています。 サルがヒトに進化していくときにも、何百万年もの長い間にこのような遺伝子のコピーミスが何回も起こり、その結果体の特徴が変わっていったと考えられています。

引用元-どうしてサルから人間になったの|科学なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ

人類の進化のミッシングリンク

人類は類人猿の中から500?600万年前に分岐して直立二足歩行するように進化したと考えられている系統であるが、分岐の直後については化石証拠が乏しくミッシングリンクとされている。また、どのような環境に適応して進化の途についたのかも諸説あり結論を得るには至っていない。 ダーウィンが進化論を発表した1859年当時は、進化の過程を裏付けるサルと人類の間の中間種の化石が発見されていなかった。ダーウィンは、1871年に発表した著書の中で「将来、必ずヒトとサルを結ぶミッシングリンクが発見されるに違いない」と述べており、その後の発掘調査によって猿人(アウストラロピテクス)、ジャワ原人や北京原人(ホモ・エレクトス)、ネアンデルタール人、クロマニヨン人などの化石人類が発見されている。
20世紀末には分子生物学の進歩により、人類は500 – 600万年前頃にチンパンジーの祖先と分岐した可能性が示唆されており、またこの時期に近い時代のものと推定されるオロリン、サヘラントロプスなどの化石も発掘されている。

引用元-Wikipedia

まとめ

科学が発達し、色々なことが解明される中、チンパンジーと人間の遺伝子配列の比較も単純ではなく、どのように両者を比較するのかで、違いの数え方にも違いがあるそうです。

twitterの反応


https://twitter.com/bot_justbot/status/621297699543912448


https://twitter.com/horsizon/status/620861738804588545


https://twitter.com/chikennobaito/status/619733634958766080

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ