鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

パスポート用写真にも使用できる反射しづらいメガネ

      2017/09/12

パスポート用写真にも使用できる反射しづらいメガネ

パスポート用の写真には

いくつかの規格があります。

メガネをかけているなら

普段どおりに写真を撮りたいですよね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


パスポート用写真の規格

パスポート申請用写真の規格について(平成23年6月17日更新)

外務省では平成18年3月20日より新しいタイプのパスポート「IC旅券」の発給を開始いたしました。IC旅券の導入と同時にパスポート申請用の写真の規格についても国際標準に従い改めることといたしました。

パスポート申請用写真の規格変更

(1)パスポート申請用写真の顔の縦の長さ(頭頂から顎(あご)までの距離)の変更

IC旅券の導入と共に、国際標準に従い、申請用写真の顔の縦の長さを写真縦(45ミリメートル)の70〜80%(34±2ミリメートル)に改めました。従来の写真規格56〜64%(27±2ミリメートル)に比べ、顔の占める割合が大きくなりましたのでご留意ください。

(2)その他

パスポート申請用写真に関するその他の注意事項につきましては、以下を含めほぼ従来どおりです。詳細につきましては、「旅券用提出写真についてのお知らせ(PDF)PDF」をご覧ください。

・申請者本人のみを撮影したもの
・6カ月以内に撮影したもの
・正面、無帽、無背景
・縦45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし)
・カラーでも白黒でも可
・鮮明であること(焦点が合っていること)
・明るさやコントラストが適切であること
・影のないもの
・背景と人物の境目がわかりにくくないもの
・眼鏡のレンズに光が反射していないもの
・平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
・サングラス、マスク及び前髪などが目を隠すなど顔が確認しにくくないもの
・ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないもの
・変色していないもの、傷や汚れのないもの
・デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの
・デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること

引用元-−-外務省

メガネの規格について

眼鏡
通常は眼鏡をしている人も、パスポート写真の撮影では眼鏡をする必要はありません。眼鏡をしたまま撮影する場合には、以下の条件を満たすことが必要です。
・両目がはっきりと見える
・フラッシュの光が眼鏡のレンズに反射していない
・色つき眼鏡をしていない
・可能であればフレームの太すぎる眼鏡は避ける
・眼鏡のフレームが目を一部でも隠していない
・可能であれば薄いフレームの眼鏡が好ましい

引用元-−-在日オーストラリア大使館

証明写真などで反射を防ぐ方法

メガネをかけての撮影で一番困ることが反射です。こうなるとせっかく作った表情や姿勢、整えた髪型も意味が無くなってしまいます。写真館でお願いすれば現在の高い修正技術で反射を無くしてもらうことは出来ますが、スピード写真で反射を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。
まず正面を向いて撮影すると、反射しやすくなってしまう為、少し斜めに構えることで光が逃げて反射を防ぐことが出来ます。しかし、履歴書なので斜めに構えるのは気が引けるという方は反射防止コート付きレンズというものがあるので、それを使えば反射を防ぐ事が出来、メガネの方でも写真を綺麗に見せることが出来るでしょう。

引用元-−-U-NOTE

反射しないメガネレンズとは

反射防止コーティングの効果は反射率に応じて等級分けされています。 反射防止コーティングの等級は「シンプル」、「ミディアム」、「スーパー」が基本ですが、さまざまなアップグレード効果との組み合わせも可能です(例えば汚れ防止コーティング、あるいは色つきフィルターなど)(選ぶ時のヒント: プラスチックそれともガラス?)。
反射防止コーティングには一つの際立った特徴があります: それは残留反射といわれているものです。 反射防止コーティング特有の色のことで、レンズの材質には関係ありません。 メガネをかける人にとって実用的でしょうか? 眼鏡店は反射防止コーティングを簡単に識別することができ、新しい材質のレンズに替えるときは使用者が慣れているものを勧めます。

引用元-−-ZEISS JAPAN

PC用メガネはパスポート写真には適していません

PCレンズには、普通と同じようなレンズでもブルーライトをカットしてくれる「クリアレンズ」があります。
クリアレンズは写真のようにブルーライトを反射して目を保護してくれます。
この反射するってのがね。パスポートの写真ではNGなんですよ。
「眼鏡のレンズに光が反射していないもの」
外務省のパスポート申請用写真の規格についてというところに記載があります。
つまり、ブルーライトが反射してしまうPC対応レンズは光が反射してしまうのでパスポート写真には使えないということになります。

引用元-−-むーろぐ

まとめ

パスポートを取得する際の写真はそんなにむづかしくはなさそうですね。写真館での撮影なら反射はあまり気にすることはないのかもしれません。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/ponsyon_jp/status/611359703419891712


https://twitter.com/sakaguchi_jr/status/609273075629101056


https://twitter.com/zazaza1507/status/572635634227003393


 

 - 旅 旅行

ページ
上部へ