鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

うちの子供は大丈夫?話す時期は年齢基準に遅れてない?

      2019/12/15

うちの子供は大丈夫?話す時期は年齢基準に遅れてない?

気になりますか・子供が話す年齢はいつくらいなのか?

一歳半〜2歳位は、言葉が発達する時期です。

しかし、個人差はあるもの。

発達障害と診断されるのは別として、焦りは禁物です。

今回は、子供が話だす時期や、また年齢について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


 

一歳半検診

1歳半健診を受けるころには、多くの子がひとり歩きを始めていることもあり、言葉の出具合や理解力など、情緒面の発達に問題がないかが、親の方も大きな関心・気がかりとなってくるものです。そこで健診で引っかかると、親は多少なりとも動揺や不安を感じます。

引用元-−-All About

単語獲得期、幼児期前期には、「ことばがなかなか出てこない」「単語が増えない」ということに目が行きがちですが、コップの形や、ことばがたまるスピードには、それぞれの子どもの個性があるのです。

引用元-−-All About

ことばの遅れの背景

1. 生理的範囲の遅れのケース

たとえば早産、未熟児で生まれた等の経緯があり、発達を修正月齢で考える必要があるケース(現在ちょうど1歳になったけれど、2ヵ月早産で生まれたので、予定日から考えると生後10ヵ月に当たるなど)。

2. 環境が多少なりとも影響しているケース

自分の中にためる単語の数、ためるスピード、それらが意味のある言葉として文としてつながっていく時期には個人差がとても大きいが、たまたまその子に適した刺激が少ない状況で、ことばの出方に影響が出ている場合など。

3. ことばだけが遅いケース

聴力、理解力、行動にも問題が見られないが、3歳過ぎ〜5歳近くなってしゃべり始めるなど、ことばだけが遅い。周りの子どもたちの多くがおしゃべり上手になっていく中、コミュニケーションにストレスを感じてしまう場合も。

引用元-−-All About

ことばの発達

子どもが初めて「ママ」と、ことばにしたときは、大拍手の大喜びですが、誰に対しても「ママ」と言ったら「え?」とショックだったり、子どものことばには、喜んだり心配したりと大変です。
「この子、ことばが遅いんじゃないかしら・・・」
子どものことばの心配は ここ最近特に多いですが、ことばの発達には個人差があります。

1才半ころから2才にかけて ことばらしきものが出て、   早い子どもは2才で 二語文以上を話します。
かと思えば、3才間近になって ようやく話し始め、アッという間に  「うるさいくらいしゃべって・・・」という子どももいます。
‘アインシュタインは 4才まで ことばを しゃべらなかった’  という話は有名ですが、   個人差か そうでないかの判断は、なかなか難しいです。
(検診や知能テストと同じです。)
‘ことば’に出なくても‘ことばの理解’ができていればまずは安心です。

引用元-−-kids canvas

親がたくさん話しかける子供の方が喋るのが早い?

アメリカのスタンフォード大学の研究グループによると、長期間親子の会話を調査した結果、親が子供に話しかける回数が多いほど、子供の言語能力が発達するということが明らかになったそうです。
「わたしはいっぱい話しかけているのに、うちの子はしゃべるのが遅い!」という方ももちろんいるとは思います。しかし、極端な話、家庭の中での会話が全くなく育った子と、たくさんの言葉を話しかけられて育った子は、やはり語彙力もコミニュケーション能力も高いのではないでしょうか。
一概には言えませんが、研究結果として報告されているこのことは、とても興味深いことだと言えます。

引用元-−-パピマミ

 

テレビの中の言葉ではなく、親が直接語りかける

この研究では、テレビやラジオから流れた言葉は、言語能力の発達には関係が見られなかった、と書いてあります。
同様に、わたしのママ友いわく、「テレビで繰り返された言葉よりも、わたしが同じ言葉を繰り返し話しかけた方が、早く喋るようになった」とも言っていました。
その理由はなぜかわかりませんが、直接愛情をもって注がれた言葉の方が、確実に影響があるということは言えそうです。

引用元-−-パピマミ

言葉の発達‐個人差

言葉の発達はとても個人差が大きく、言葉で表現するのが遅い子どもはたくさんいます。一般的に女の子より男の子のほうが遅いものです。ところが、2歳になるとほとんどの子どもがドッとしゃべり出します。2歳から2歳半までを、「言葉の爆発期」と呼ぶ専門家もいます。2歳児は言葉が爆発的に出てくる年齢なのです。
言葉の発達は知的発達の証(あかし)でもあります。たとえば、手や足、耳、目、おへそなど、体の部分の名前をいくつか覚えられるようになります。1歳児のころは、どこか痛いところやかゆいところがある時、全部「ポンポンが痛い」と表現していたのですが、足という体の部分を認識したうえで、「足が痛い」と言葉でも伝えることができるようになってきます。

引用元-−-ベビータウン

まとめ

「ママ」などと呼ばれると盛り上がってしまいますが、「ママ」という言葉自体を理解しているのかが重要な様ですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/hukkin_gf/status/578467753914302465

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ