鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

ダウンライトが欲しい!LEDにしたら電気代は本当に安い?

      2017/09/12

ダウンライトが欲しい!LEDにしたら電気代は本当に安い?

ダウンライトって、雰囲気が良いですよね。

そんなに明るくなくても良い場所とか、廊下とか….

ダウンライトのLED照明器具は最近一体型の者が主流とか。

新築の場合で一体型をすすめられると迷いますよね。

もし故障したらどうかとか、

器具が高いのに本当に電気代が安くなるのかとか。

今回はダウンライトとLED電気代について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


 

ダウンライト

天井に埋め込んで取り付ける照明器具のうち、小型のもの。天井に埋め込んで設置するため天井面がフラットになるという特徴がある。 補助的な照明として使われることが多い。
多くのダウンライトは筒状の形状になっており、天井内部に埋め込んで下面を照らす。 天井に露出する下面の形状は角型、丸型がある。
過熱による火災を防ぐため、ダウンライト内部のまわりには空間を確保する必要がある。

引用元-−-Wikipedia

ダウンライトの交換はまるごと?

家の光環境にはそれなりにこだわりたいうたた寝家なんですが、標準仕様(推奨仕様かな?)のLEDダウンライトは電球交換不可の一体型。

球切れ交換時もそうなんですが、住み始めてからもっと明るくしたいとか、暗くていいなとか、もしくは色温度を変えたいという場合も器具ごと変えないといけないというのがなんとも。
照明にかぎらず、自分で色々工夫するっていう選択肢を奪われるのが何よりも苦痛なんですよね。

色々検討・相談もしてみて、電球型の蛍光灯やLEDが使える物にしておく、というのが一番の解決策かと思っていたんですが、どうやらLED電球仕様のダウンライトで使える物は無く、電球形蛍光灯仕様のものは横差ししかないとのこと。
次回打ち合わせ時にはLEDユニット交換型の物も提案してくれるようなんですが、値段は間違いなく上がるし、結局交換ユニットはメーカー縛りになっちゃうんですよね。不自由だ。。

引用元-−-〜ローコストで実現したい!快適生活〜寒がり夫婦のダブル断熱+吹抜けの家づくり計画

ダウンライトは交換不可・大丈夫?(質問)

新築で照明をLEDのダウンライトをふんだんに取り入れようと思っています。
価格の面でも、電球交換不可のタイプを勧められています。LED電球がきれる頃には照明器具自体が寿命になるので電球交換できるものにする必要がないと言われました。
そうなのでしょうか?
LED電球も10年位で交換した方が良いと聞いたことがあり、10年後に照明を本体ごと総取り替えになると金額面も凄くなるのでは?と不思議です。

引用元-−-e戸建て

蛍光灯ダウンライトにすれば?

普通の人は蛍光灯ダウンライトにして、数年後に交換可能なLED電球につけかえます。住んでから明るさも変えられますし、総合コストも一番安くなりますよね
電気代もLED電球の1.15倍くらいでしょ、蛍光灯ダウンライトって

引用元-−-e戸建て

ダウンライトを器具ごと取り換えるには?

①穴径サイズを確認

穴径サイズは60?300mmまで、大きさは様々です。
既存のダウンライトは、照度アップにために大きなサイズが多い。対して同程度の照度のLEDダウンライトは、一回り程度小型のになっています。小さくても大きな光を発することができるからです。

小型のLEDダウンライトを取付けるには、スペーサーが必要です。

引用元-−-節電・省エネ 楽画企

②天井裏 断熱材の有無や材質を確認

一般住宅などは、天井を断熱材で覆っているのもが多いが、ビルなどは少ない。LEDダウンライトは、断熱材で覆われていてもOK、NG両方ありますので、必ず確認してください。

【注意】
ダウンライトを交換すると、天井部分に汚れが目につく場合がありますので、汚れを拭き取ることをお忘れなく。交換用として縁のサイズが広くなっている商品もあります。
それらの確認の為にも。テスト点灯することをお勧めします。

引用元-−-節電・省エネ 楽画企

電球やコンパクト蛍光灯であれば、一般の方でも取替えられますが
『ダウンライトの取付け電気工事は、電気工事士の資格が必要で、一般の方の電気工事は法律で禁止されています。』
工務店や電気工事会社は、照明の専門知識を持っている会社は少ないようです。
本格的に、照明士や照明デザイナーへ依頼するのも、ひとつの方法です。

引用元-−-節電・省エネ 楽画企

 

LED照明の電気代

LED照明は、電球形蛍光灯よりも消費電力を小さく抑えることをメリットとして、普及が進んでいる照明です。白熱電球から交換した場合は多くのメリットがありますが、電球形蛍光灯からの交換は、LEDの優位性は未だ確立していないのが現状です。
白熱電球60WとLED電球60W形を比較します。60Wの消費電力を持つ白熱電球は、1kWhを24円とした場合、1時間あたり1.44円の電気代が掛かります。毎日5時間点灯した場合、7.2円の電気代になります。1ヶ月では216円、1年では2,628円です。この間、ランプ交換は回実施されると考えられます。
対して、60W形のLED電球は6.0W程度の消費電力です。概ね1/10の消費電力になりますので、毎日5時間点灯した場合、0.72円の電気代になります。1ヶ月では21.6円、1年では262.8円です。
LED電球は1個あたり3,000円〜4,000円が相場なので、2年もあれば減価償却し、LED電球を導入するために支払った金額については、元を取ることが可能です。
ただし、LED照明は電気部品を数多く搭載しているため、異常発熱、振動、衝撃などで故障することが考えられます。白熱電球は単価が低く、故障しても交換が容易で、機器本体の故障によるロスを限りなく小さく見積ることができます。LED照明は機器本体が高価であり、地震などの天災、引越しなどの振動衝撃で故障するおそれがあり、長期間運用する場合のリスクを考慮することも重要です。

引用元-−-電気設備の知識と技術

LED照明電気代は、白熱球の8分の1?(Q&A)

照明器具について、代替照明器具としてLED電球を使えば、照明器具にかかっていた電気代について、 白熱電球と比べ、最大で1/8になるものもあるというのは確かにあります。
製品を切り替えて、必ずしも1/8になるわけではないことと、 家全体の電気代が1/8になるわけではないのでご注意ください。

また、あくまで白熱電球と比べた場合です。
電球型蛍光灯をご使用の場合、さほど差がありません。
電気がすぐ点くかなどの特性は異なりますが。
比べる製品によってはLED電球製品のが高い場合もあります。

またLEDは電球だけに使われるわけではありません。
テレビ等もLEDを用いた製品もあります。比較的エコですが、こういった製品について電気代が1/8になるわけではありません。

40Wタイプの白熱電球(消費電力38W)から、40WタイプのLED電球(消費電力7W)に変更した場合、 電気代が1kWhあたり25.19円で換算すると、1時間あたりの電気代が、電球が29円、LED電球は5円となります。

使用している白熱電球機器が少なく、 豆に消す人だと、あまり電気代が安くなったように感じないと思います。
家ではもっと電気のくう家電製品はあると思いますので、微々たる差ともいえます。
LED電球は、白熱電球よりも高いので、かえって高く感じるかも知れませんが、 白熱電球よりはもちがよいのと(どんな製品にもハズレはあるので絶対ではありませんが)、LED電球自体が安くなってきたので、白熱電球を使っているのであれば、 次回交換時あたりに切り替えるのもよいと思います。

不良品とかをひかない限りは、最終的には、元はとれる製品だとは思いますよ。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

まとめ

LEDの電気代はやはりかなり安くなるようです。電球型蛍光灯の寿命は13,000時間程度、LED電球の寿命は4万時間程度だそうですよ。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/Heavensister/status/343918824833286145


https://twitter.com/guri_gura/status/315814908338008065


https://twitter.com/cazmani/status/199818541074104320

 - diy-住居-雑貨

ページ
上部へ