鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

「了解しました」と「承知しました」の使い分けって?

      2018/04/03

「了解しました」と「承知しました」の使い分けって?

ビジネス上で、「分かりました」という意味合いで使われる言葉に

「了解しました」「承知しました」がありますね。

その意味と使い方を理解できていますか?

いざという時に、どれを使ったらいいのだろう?

と悩んでしまうことはありませんか?

今回は「了解しました」「承知しました」違いと

ビジネスシーンでの使い分け方を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

スポンサーリンク


 

 

 

「了解」とは?

( 名 ) スル

①事情を思いやって納得すること。理解すること。のみこむこと。了承。領解。領会。 「事情を−する」 「 −できない」

②無線などの通信で,通信内容を受け取ったことを表す語。 「『ただちに行動を開始せよ』『−』」

③〔ドイツ Verstehen〕 ディルタイの用語。文化を生の表現とみて,その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。理解。

引用元-−-weblio辞書

承知とは?

[名](スル)
1 事情などを知ること。また、知っていること。わかっていること。「無理を—でお願いする」「君の言うことなど百も—だ」「事の経緯を—しておきたい」
2 依頼・要求などを聞き入れること。承諾。「申し出の件、確かに—した」
3 相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。「この次からは—しないぞ」

引用元-−-goo辞書

「了解しました」と「了承しました」の違い

了解しました

「了解しました」は、同僚もしくは目下に対して使う言葉です。「了解しました」というのは、「了解」に「しました」をつけることで丁寧語になりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。

承知しました

「承知しました」は尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。

了承しました

「了承しました」は、何かを「承諾」したときに使います。「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。お客様や目上の人に使ってはいけません。この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が正しい使い方です。

かしこまりました

「かしこまりました」、は「承知しました」と同様、お客様や目上の人に使えます。

覚えておくべきは「かしこまりました」と「承知しました(承りました)」上記のように、「かしこまりました」「承知しました(承りました)」は、目上の人やお客様に対して使える言葉となります。この2つはビジネスシーンにおいても非常によく使われますので覚えておきましょう。

引用元-−-U-NOTE

尊敬語と謙譲語の区別

敬語が難しいと言われる理由に、尊敬語と謙譲語の区別がつきにくい点が挙げられます。まず、どちらも相手が目上の場合に使う敬語だと理解してください。相手を言葉で敬う方法には2種類あり、尊敬語は自分の立場を変えないで相手を持ち上げるようにすることであり、謙譲語とは相手の立場を変えないで自分が下にさがる方法です。仮に「食べる」と言う言葉を尊敬語にしたかったら「召し上がる」が尊敬語になります。
資料などを目上の相手に手渡す時は「ご覧になってください」が正しい尊敬語です。間違っても「拝読してください」とは使わないようにしましょう。反対に謙譲語は自分が主語で話す時に使いますので、「食べる」を謙譲語にしたかったら「頂く」になります。「言う」の場合は「申し上げる」になります。

引用元-−-マイナビウーマン

 

目上の人には「了解しました」は使わない

メールでは「わかりました」の意味で「了解しました」がよく使われます。しかしこの言葉は目上の人には不適切です。

「了解」に「しました」をつけることで丁寧語にはなりますが、尊敬語にはなりません。部下や同僚などに使うのなら「了解しました」で大丈夫ですが、お客様や目上の人には「承知しました」「かしこまりました」が適当です。

お客様、目上の人にはふさわしくないメール文章1
打ち合わせの件、了解しました。

同僚や部下には送っても問題ないメールですが、目上の人にはふさわしくありません。すべての人が不快に感じるレベルではありませんが、言葉に厳しい人は眉をひそめます。用心のため言い換えましょう。

お客様、目上の人にもふさわしく変換1
打ち合わせの件、承知しました。

次の文章例も同じです。

お客様、目上の人にはふさわしくないメール文章2
営業部への連絡の件、了解しました。

↓ ↓ ↓

お客様、目上の人にもふさわしく変換2
営業部への連絡の件、かしこまりました。

もうひとつ例です。

お客様、目上の人にはふさわしくないメール文章3
ご依頼の件、了解しました。

↓ ↓ ↓

お客様、目上の人にもふさわしく変換3
ご依頼の件、承りました。

「了解しました」は非常に汎用性の高い言葉です。使いやすい言葉のためについつい使ってしまいがちですが、目上の人に対しては、もっと適当な言葉があることを知っておきましょう。

引用元-−-書き方ができる人コム

「了解」について

ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。

「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。
または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。

※警察・軍隊で使われている「了解」はニュアンスが異なる。
※ビジネスで「部下」が「上司」に対して使うのは失礼だと感じる年代も。感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。
※威張りたがりの上司の返信メールは、「了解」一言ということも。天狗度確認指標?

引用元-−-イソラボ

「承知」について

ビジネスにおいて一般的。

「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。
「かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。

謙虚な上司は部下に対して使うこともある。しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

引用元-−-イソラボ

まとめ

「了解しました」は社内限定で使っても大丈夫ですよね。(上司はやめましょう)
これからは、意識して使い分けるようにしましょう。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/sheng/status/604504754207612928


https://twitter.com/hkohno_abbr/status/528279622727647233

 - 仕事 経済

ページ
上部へ