鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

60代の男性・ファッションブランドで着こなす上級テク!

      2017/09/12

60代の男性・ファッションブランドで着こなす上級テク!

歳を重ねるにつれ、だんだんと社会で経験豊かになっていく男性には、

いつまでも若々しく頼れる存在でいて欲しいですよね。

今回は60代男性のファッションブランドについて調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


 

60代男性にオススメの雑誌

MEN’S EX(メンズイーエックス)
品と格にこだわる大人の男性のための雑誌。きれいめコーディネートが多い。インタビュー記事や読者スナップなどに60代男性も多く掲載されているので参考にしやすい。
(毎月6日発売)

LEON (レオン)
「ちょいモテオヤジ」「ちょいワルオヤジ」の在り方を提唱している雑誌。スーツスタイルのコーディネート中心だが、ハーフパンツ、マリンスタイルなどカジュアルコーディネートも紹介されている。
(毎月24日発売)

UOMO (ウオモ)
40代中心の雑誌だが、ハイセンスで上品なコンサバ系やきれいめカジュアルのコーディネートが中心なので60代男性でも充分取り入れやすい。
(毎月24日発売)

引用元-−-プレミアムシニアファッション

男服の定番「紺ジャケット」

60代男性におすすめしたいランズ・エンドのレガッタ・ブレザーとは?

男服の着こなしに欠かせないのが紺のジャケット。
何にでも合わせやすく、合わせ方によってはカジュアルにもビジネスライクにもなる万能ジャケットだ。
今年は特に紺が再燃するということもあり、各ブランドとも紺ジャケットを揃えているが、特に品揃えがいいのがランズ・エンド。

中でも、レガッタ・ブレザーはアクティブな60代男性にピッタリではないかと思う。

その形は定番でありながらも肩パットや芯素材が省かれ、軽やかで柔らかな洗練された印象だ。
だからといって、カジュアルに偏りすぎず、ジャケットとしての「格」をしっかりと持っている。

レガッタ・ブレザーの魅力は恰好いいだけじゃない

しかし、このジャケットの凄さは、見た目の良さだけではない。
下記のような機能面までしっかり兼ね備えているのだ。

1、防汚加工
汚れが付きにくいので、清潔な見た目を保ちやすい

2、ストレッチ性
ストレスがなく快適で動きやすい
シワも気にせずに過ごせる

3、通気性
内部が汗を逃がしやすい構造で1日中サラッと快適

4、はっ水加工
外出先で突然の雨にあっても気に病む必要がない。

5、隠しボタン
ポケットのフラップには、隠しボタンがついているので物を入れても安全

この機能面を見れば、なぜアクティブな60代男性にピッタリと言っているかおわかりいただけたと思う。
さすが『品質に力を尽くすこと』を創業以来の指針としているランズ・エンドの「紺ジャケット」である。

もしかしたら、もっと見た目が格好いいジャケットは他にもたくさんあるかもしれない。 さらに、もっと機能面で充実したものもあるかもしれない。
しかし、両方兼ね備えているのはこのランズ・エンドのレガッタ・ブレザーだけではないだろうか。

引用元-−-プレミアムシニアファッション

60代ファッションブランドランキング(投票)

60代男性に似合う 『おすすめのファッションブランド』 といえば?

Ralph Lauren (ラルフローレン) (23%, 31 票)

BURBERRY (バーバリー) (19%, 26 票)

Brooks Brothers (ブルックスブラザーズ) (18%, 24 票)

VAN BROTHERS (ヴァン ブラザーズ) (15%, 20 票)

SHIPS (シップス) (12%, 16 票)

UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ) (7%, 10 票)

Eddie Bauer  (エディーバウアー) (6%, 9 票)

総投票数は 136 でした。

引用元-−-MEN’S EDGE

60代ポロシャツブランドランキング

60代男性のポロシャツで人気の高い 『おすすめのブランド』 といえば?

LACOSTE (ラコステ) (23%, 29 票)

Ralph Lauren (ラルフローレン) (21%, 26 票)

BURBERRY (バーバリー) (15%, 19 票)

arnold palmer (アーノルドパーマー) (14%, 17 票)

DUHNHILL (ダンヒル) (8%, 10 票)

JOHN SMEDLEY (ジョンスメドレー) (8%, 10 票)

Calvin Klein (カルバン・クライン) (6%, 7 票)

Paul Smith (ポールスミス) (5%, 6 票)

総投票数は 124 でした。

引用元-−-MEN’S EDGE

中年男性着こなしのタブーは何?(Q&A)

大好きなひとが50に近い40代です。Tシャツもジーンズもかっこよく着こなしてますが、おなかは出てないからかもしれません。
これだけはやめて欲しいというモノ&着こなしは・・・
・Tシャツをズボンのを中に入れる
・タックが沢山入っているコットンパンツ
・どこで売っているかわからないような柄ものシャツなど(アロハタイプとか)
・ズボン丈が短いモノ
・ケミカルウォッシュジーンズ(中年じゃなくてもNG)
・似合わないマオカラー
・不必要な肌みせ(お肌もだいぶキレイじゃなくなってるから)
・サンダル(足下だってオシャレに!)
・どこのメーカーだかわからない安そうなスニーカー(特に白オンリーとか)

個人的には雑誌ではBRIOなどが好きです。すてきなおじさま、みたいなイメージで。
前にお会いしたイタリア人(40代後半)。ジャン・レノを太らせて髪の毛が増えたような感じのすてきな方でしたが着こなしもステキでした。真夏だけど、ブルー×白の細かいギンガムチェックのB.D.シャツ(長袖)に、紺のスラリとしたチノパン、茶色いベルトと茶色い靴、紙の毛にはオシャレなサングラスをヘアーバンドのようにかけてました。惚れちゃった(笑)!
カジュアルな感じでエコノミカルにいくのならば、GAPなんていい感じだと思いますよ。ジャストサイズと顔写りの良い色をチョイスすれば、普通にステキに見えると思います。絶対ユニクロはダメです。注意して着こなさないと本当にオジサンスタイルになってしまう危険があるので。もっと高めのラインでいくと、ラルフローレン。B.D.シャツ+チノパン+コットンニットなんてトラディショナルだけど爽やかでステキだと思いますよ。

引用元-−-教えて!goo

ラルフローレン(パープルレーベル・ブラックレーベル)

ルフローレン・パープルレーベル(Ralph Lauren PURPLE LABEL)とは?

メンズorウィメンズ
2015年時点ではメンズラインのみ

ジャンル フォーマル ラグジュアリー(高級)
位置付け ラルフローレンのメンズウェアの最高級フォーマルライン
コンセプト 現代を生きるジェントルマンのあらゆるライフスタイルを演出

価格帯

トップス=5万円から10万円くらい
ボトムス=5万円前後
アウター類=20万円から50万円くらい

ラルフローレン・ブラックレーベル(Ralph Lauren BLACK LABEL)・メンズとは?

ジャンル モードカジュアル
コンセプト 洗練された都会的なライフスタイルを送る男性へ向けて、洗練されたデザイン、モダンなフォルム、斬新なコーディネートを提案。

価格帯

トップス=2万円から10万円くらいまで幅広い
ボトムス(デニムなど)=5万円前後
アウター=10万円から25万円くらい
スーツ・スポーツコート=10万円から30万円くらい

引用元-−-ファッションガイドJP

 

ラコステ

ラコステ(Lacoste)は、1933年に設立された、フランスのアパレルブランドである。被服、バッグ、履物、香水、時計、眼鏡などを取り扱い、特にポロシャツのメーカーとして有名である。緑色のワニの商標で知られる。
フランス国のLacoste SA社が全世界的に商標権を保持しているが、同じくフランスのDevanlay社が、被服に関わる製造・販売を全世界において行っている。なお、日本国内においては株式会社ファブリカが、被服に関し専用実施権を得て製造・販売を行っている。

引用元-−-Wikipedia

ラコステでは特にポロシャツが有名である。かつて、フランス生産のポロシャツはやや細身で着丈が長くシルエットが美しかったため、「フレンチ・ラコステ」、『フララコ(フレラコとも)』と呼ばれ珍重されたが、フランス生産品の日本への輸入は、1990年頃に一旦終結された。 しかし、2013年にフランス生産品の日本への輸入が再開され、一部の有名セレクトショップで販売がなされた。
ラコステにそっくりのロゴでワニの向きが異なる、「クロコダイル」という名前のブランドがあるが、ラコステとは全く関係がない。 (正面から見て、右向きがラコステ、左向きがクロコダイルである。)

引用元-−-Wikipedia

まとめ

若い時から愛用しているブランドも体型次第では、楽に着こなしできますよね。

引用元-−-

twitterの反応

 - ファッション・美容・ブランド

ページ
上部へ