鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

学校に行きたくないのは、先生も?!

      2017/10/30

学校に行きたくないのは、先生も?!

教師という職業は、本人がなりたくてなるという形が多いと思います。

理想を描きながら先生になった方々が現実とのギャップに悩んでいて、

昨今では、学校に行きたくない先生も増えているようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

スポンサーリンク


 

バーンアウトって?

精神疾患での休職は10年で3倍。 理想に燃えて無理をしがちです。
理想に燃え、エネルギッシュに教壇に立っていた先生が、いつしか表情をなくし、やる気も失(う)せ、やがて学校から消えていく。
そんな「バーンアウト」(燃え尽き症候群)に陥る教師が急増している、と兵庫教育大大学院の新井肇教授(56)は警鐘を鳴らします。
良心的な教師ほど燃え尽きるという悲劇を、どう防げばいいのでしょうか。
「 ここもまた 戦場なるか ひくことを せざりしともの 過労死をきく  」
関西の公立中学校の元女性教諭が在職中につくった歌です。彼女も生徒と真摯(しんし)に向き合った末に、定年まで3年を残して教壇を去りました。

近年、極度の心身の疲弊と仕事への意欲、他者への思いやりの喪失をきたす「バーンアウト」=キーワード(1)=に陥る教師が急増しています。それは文部科学省が調査した病気休職者の推移=同(2)=をみても明らかです。
背景には学校現場の環境の変化があります。いじめ、不登校、校内暴力などに加え、ネット犯罪や児童虐待など新たな問題が教師の前に立ちはだかっています。
家庭の教育力低下に伴い、本来家庭で行われるべきしつけまで要請され、行政による管理強化、保護者からの過大な要求とも相まって、教師にとって困難の度は増しつつあります。

引用元-−-教師のためのセルフヘルプグループ

心の病で学校を休む

文科省が先日発表したところによると、心の病や精神疾患で休職した公立高中小学校の先生は2011年度で5274人。
公立高中小学校の先生は日本全国で約90万人いますから、0.6%にあたります。パーセントでみると何だか少ないような気がしますが、200人に1人もいることになります。

これはすごい数字です。 乱暴に言うならば近所の3?5校の中に1人はいることになります。
病気をした先生ではありません。病気で仕事を休むことになった先生でもありません。心の病気で仕事を休むことになった先生が、です。また、療養休暇を取った教師のうち、心の病が原因とする人が6割を超えています。

引用元-−-教える人

教師になりたいイコールどう生きたいのか

今病んでいる教師が多い。現場の教師はみな口をそろえ、「きつい」とつぶやいている。何かちょっとしたことがあれば危険水域を越えそうな教師が実際に現場にいるのである。これはまさしく金属疲労である。教師はそれでもどうにかして踏ん張っている。そんな私も挫折感を味わい、病気休職に自分を追い込んでしまった。(後日壊れてしまったいきさつを記すつもりです。)しかし、病気休職ならばまだ救いがあるかもしれない。なぜかというと、悲しいことに、自ら命を絶ってしまう教師が後を絶たないからだ。

引用元-−-静かな時間

私なりの崇高な理想があった。でも、現実は厳しい。歴然としている児童・生徒の学力の差、家庭の教育力の低下、教師間の力関係、教育委員会や管理職からの軋轢など、理想と現実はこれほどまでに違い、厳しいものなのかを身にしみて味わった。(全ての職種、職場がそうかもしれません。ただ、企業と学校は同じなのかということについては「違う」という立場です。たとえば上司の言う命令には絶対服従しなければならないとは思いません)だからといって、その理想を追い求めることを否定しているわけではない。
教師を続けていくためには理想を追い求めている自分を奮い立たせ、現実問題に沿いながら自分自身も必要ならば軌道修正をしていかないと教師として生きていけないのである。それができなかったのが私である。そのような中でも自己の軌道修正も眼中になく、自分の世界に浸り、「我が世界得たり」と教師をやっているだけの教師もいることも事実である。病気休職になった私から見れば、そんな「自己中教師」はある意味うらやましいと思う。

引用元-−-静かな時間

学校に行きたくないです。どうしたら良いでしょうか?(教師の質問)

今日、学校に行きたくないです。私は高校の教師で家庭科を教えています。私の悩みを聞いて下さい。 今日の4〜5時限目を使って調理実習があるのですが、空気の読めない女子生徒がいてそれを考えるだけで気が滅入ってしまいます。彼女のどんなところがKYなのかと言うと私より調理にしても裁縫にしても手際よく上手なんです。日頃からお母様の手伝いを積極的にしているらしいけど…もう高校生にもなるんだから私の(教師としての)立場も考えて欲しいです。出来れば、彼女には学校を辞めて貰いたいです。取り敢えず、今日は学校を休みます。でも、次からどうしよう…どうしたらいいの?教えて下さい。宜しくお伝えください。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

教師は学ぶ姿勢を教えるべき(回答)

高校生相手ですから、 教科を教えるのでなく、生徒自ら学ぶ姿勢を教える方が大事だと思います。できる子なら、さらにその才能を伸ばす手伝いをすれば良いと思います。
先生のアシスタントとして、数人の面倒を見させるとか、準備をさせるとか。 人に教える行為は、本人にとっても新しい発見が多く、更に成長が望めます。
折角の優秀な生徒なら、先生として是非更なる成長の手助けしてあげてください。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

 

生徒との関係に疲れたから

いうまでもなく、教師の仕事は生徒との関係の上になりたっています。
その関係そのものが原因で、「教師を辞めたい」と思うケースが少なくありません。
昔は、教師は無条件で生徒から尊敬される存在でした。

しかし、今はちがいます。
親の影響で、生徒は教師を「仰ぎ見る存在」と考えなくなっています。それどころか、「教師は生徒のための奉仕者」とみなす生徒もいるのです。
これでは、教師と生徒の間に良好な関係を築くことは不可能でしょう。それで「教師を辞めたい」と思ってしまうわけです。

引用元-−-5セカンズ

仕事とストレスの関係

昨年度、3年担任と学年主任をした夫は、今度は教務主任になりました。教師以外の方も読んでおられると思うので、私流に説明すると、教務主任というのは、生徒や保護者からは見えにくいんですが、時間割を始め、毎日学校がスムーズに動くように時間・内容等の具体的な流れを作り、微調整も行う、「学校の潤滑油」のような存在です。
生徒や保護者から見て分かりやすいのは、「入学式で司会をやっている人」(私が知っている学校ではほとんどがそうでした)というところでしょうか。
書類作りもやたらと多く、職員が動きやすいように目を配る必要もあり、結構大変な役なんです。ですから、仕事内容だけ見ると、夫は今年の方が大変そうです。
しかも、夫の学校は3学期制から2学期制へ変わるようですから、そのおぜん立てや現実の状況に臨機応変に対応する必要もあるでしょうし、現場の教師の意見をほとんど聞くことなく始まるらしいので、同僚たちの不満が最小限ですむような配慮もいることでしょうし、平常時の教務主任よりも大変なのは私でも予想できます。

でも、夫は今の方が元気で、ストレスも少ないようなんです。去年の4,5月はいつ倒れるかと心配したほど、顔色も表情も悪く、会話も後ろ向き、朝食が喉を通らないこともありました。
本人も「学校に行きたくないって思ったのは初めてだった。」って言ってました。それが今年は、新年度初日から徹夜で仕事をしたりしてるにもかかわらず、楽しそう。
この間なんか、「書類作りで疲れたから、教室の整備の手伝いをしてきた。全学年分。久々に体を動かして気持ちよかった〜!」って言ってました。

引用元-−-教師中退〜これからの教師たちへ

まとめ

やはり、教育の現場でも多様化が問題なのです。家庭での教育がどこでも行き届いていたのなら、先生に対しての非礼さもないのでは。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/Looooooove_1225/status/588108232964583425
https://twitter.com/m_rock30/status/588101371452194816
https://twitter.com/ayk_____n/status/587990645123321857


https://twitter.com/doukesipiero/status/587197183457275905
https://twitter.com/arapon10051/status/587238336848207875
https://twitter.com/luvbknb17_/status/593433533269454850
https://twitter.com/croozexh/status/590050375392108544
https://twitter.com/ars_kznr_n/status/580573896824455168

 - 仕事 経済

ページ
上部へ